2017年2月19日日曜日

藤子・F・不二雄「タイムマシンは絶対に」の謎

漫画家藤子・F・不二雄先生の短編集に、「タイムマシンは絶対に」というお話があります。
ストーリーを簡単に紹介します。
ある科学者が仕事もやめてタイムマシンの制作に没頭していた。以前の同僚はそんなものは作れないから仕事に戻れと説得するが、実は過去を映し出すタイムテレビを発明できのだと、同僚に見せるため昨夜の我が家を映そうとした。実は科学者の妻と同僚は不倫していて、不倫の発覚を恐れた同僚に殺されタイムマシンも闇に葬られる。
言葉の説明よりもこちらを見ていただいたほうが良いですね。はい。
F先生の短編はどれも面白く楽しみました。この漫画も面白いのですが、謎があるのです。
それは、タイムテレビの部屋へ同僚と妻を連れて行くところで、侵入者が逃げていきます。あの侵入者は何なのだ?というのがずっと気になっていました。伏線にしては回収されていない。どうでも良いこととしては1ページ割いている。何の意味があるのだろう・・・
改めてネットを調べると、腑に落ちる説明を見つけたのでここでメモしておきます。
前フリで「そういう組織の暗躍があるのだな」と読者に印象づけておいて、
オチで「実はそんな大層なものじゃなくて不倫の証拠隠しでした」という
ギャップが肝なんだが。この短篇は陰謀サスペンスじゃなくて小噺なんだよ。
F先生の作風ってこうでしょ?「ガ壱号」も「倍速」も「老雄大いに語る」も。 
 こちらの2chページの448の発言になります。その後も幾つか説が流れていますが、概ね同様の解釈ですね。
ささやかな疑問がすっと消えました。

2017年2月12日日曜日

Bluetooth イヤホンを購入して使ってます

酔っ払って Amazon の欲しいものリストに入れていた Bluetooth イヤホンを購入しました。商品発送メールが届いて、あれ知らない間に注文していた!と驚いたしだい…
酔ってショッピングサイト覗くものではないですな。とほほ
http://amzn.to/2kgiJuo
とは言え、届いたものは悪くありませんでした。値段も2千円台ですから、高くはないです。防汗なのでランニングなどでも使えます。マイクもついているので電話応答も可能。電話かかってこないけど(苦笑)
カタログでは充電すれば5時間使えます。実際は通勤の2時間程度を使っているだけで、2日に1回の充電で問題なく使えてます。
コードの絡まりとか、スマホからでているコードが服に引っかかったりもなくなったので、いい買い物だったと思います。

2017年2月4日土曜日

最近のお気に入り筆記具

おや、もう2月だ。

万年筆、Parker 5th、製図用シャーペン、フリクションボールとさまよいながら自分に最適な筆記具を探し求めていました。
万年筆の滑らかさ、Parker 5thの先進性、細かな字が書きやすい製図用シャーペン、消しゴム不要のフリクションボール、どれも捨てがたいのですが、結局行き着く先は鉛筆でした。鉛筆とは言え鉛筆ぽいシャーペン「コクヨ 鉛筆シャープ 芯径0.9mm」です。

そうちょい太めの芯が書きやすく、鉛筆ぽい形状が握りやすい。
アイディアをめぐらしたり、学習しながらメモしたりと無心で何かを書きたいときに最適だと思います。

芯はHBよりBが良いですよ。
筆記具界でさまよう子羊たちよ、鉛筆シャープにたどり着くが良い。